ED治療について

EDには様々な治療法と予防法が存在します。EDという症状は男性のみに発症する症状です。

風邪や花粉症など一般的な症状とは違い、男性のシンボルであるペニスに関する問題であるため、非常に解決や予防が難しく、また一般的な常識としては「恥ずかしい症状」というイメージが強いです。

そのため、現在この症状で悩んでいる男性は「どうしたらいいの?」と不安になっている方が多いのではないでしょうか。

EDは治療するべきもの

男性しかし、この症状は放置しておくとペニスの勃起が起こらない、射精ができないというだけではなく、体に様々な健康被害を与える可能性が高くなる症状です。

また肝心のパートナーとの関係が冷え切ったり、ご結婚されている場合は子供のことだけではなく、夫婦関係にヒビが入ることもあります。

そんなEDには様々な治療法や予防法が存在し、それらを行うことでしっかりとEDを治すことができます。

パートナーと冷え切った関係を作らないためにも、しっかりとEDと向き合い治すことこそがED改善への近道です。

こちらでは様々な方法をピックアップしているので、是非チェックしてみてください。

手っ取り早い方法は薬を飲むこと

薬早めに治したい、すぐ試せる方法をお探しでしたら「ED関連の薬を飲むこと」が一番の方法です。

知名度が高い薬と言えばバイアグラ、レビトラ、シアリスといった薬です。これらの薬は三大ED薬と呼ばれ、様々な男性をEDから救った万能薬です。

なかでも人気なものがシアリスという薬です。

この薬は他の薬よりも効果がゆっくりとあらわれるので、副作用の発症率が低く、また長時間効果があるので長い時間性行為をしたいという方にもおすすめです。カップル

ただEDに関する薬は保険が効かないので値段が高めです。病院で受け取ることができますが、値段は1粒2000円ほどです。

経済的な負担が気になるという方はジェネリックタイプを選ぶと良いでしょう。

シアリスのジェネリックである「メガリス」は値段が安いので手軽に購入することができます。

個人輸入代行というサービスを利用すると、約百円単位で買うことができます。またこのサービスはインターネットの通販なので、気軽に利用することができるのでおすすめです。

手っ取り早く治したいとお考えなら、メガリスやED関連の薬を飲んでみてください。

注射治療もある

注射EDには薬が一番とありますが、なかには注射を使用して症状を治療するICI治療というものが存在します。

この治療法は上記でお伝えしたED関連の薬が効かない場合にすすめられることが多く、糖尿病などが原因で薬が飲めないという方にもすすめられることがあります。

こちらの治療法だとメガリスといったEDの薬よりも効果的といわれていますが、残念ながら日本では未承認とされています。

そのため、治療を受ける場合は完全に自己責任となる治療法でもあるため、利用者がすくない治療法でもあります。

利用者が少ない理由として挙げられているのが、その治療法にあります。ICI治療は名前の通り「ペニスに直接注射をする」というもの。

そのため、恐怖感を感じる男性が多く利用者が少ないと言われています。なかには治療説明を受けて、ペニスを蹴られるといった恐怖感を覚える方もいるみたいです。

最終的な治療法なので、とりあえずはEDの薬が効くかどうかを試してから検討されても良いと思います。

補助具のサポート

補助ED関連の薬、注射治療以外に挙げられている方法が勃起を補助する道具を使用した治療法です。

陰圧式勃起補助具という名称であり、ペニスに直接つけて使用し、圧をかけながら海綿体へと血液を流し、勃起を引き起こさせ疑似勃起を引き起こす方法というものです。

注射治療よりも気軽に利用できるため、上記以外の治療を試したいという方におすすめです。

しかし、ペニスに圧をかけるため約30分以上の使用は控えるようになど、通常の治療法よりも時間がかかります。

また体質的な問題がある場合は、この補助具を使用することができません。

また出血性素因、白血病や多発性骨髄腫など血液や血管に関する症状を持っている方が使用すると締め付けが強くなる場合もあるため、注意が必要です。

心因性タイプの場合

男性

ストレスや不安、性行為に対するトラウマなどが原因で発症する心因性タイプのEDはメガリスと言った薬を飲むと同時にパートナーと二人三脚で治療を行うことがおすすめです。

ストレスや精神的な苦痛というのは人それぞれであり、原因も様々です。しかし、協力者がいることで症状に対する気持ちはグーンと楽になります。

また性行為時にパートナーから優しく接するとお互いに満足できる性行為をすることができ、より親密な関係になることができます。

結果的に気持ちがひとつになり、心因性EDに対する不安や緊張が解消され症状事態も解決できるということです。

また大きな問題が解決できると、他の小さな悩みの解決に繋がるため、パートナーと協力して治療を行ってください。カップル

パートナーとEDを改善や予防を行う場合におすすめな方法が「ノン・エレクト法」というものです。この方法は勃起や挿入をあえてさせない方法です。

膣口に亀頭部分を押しつけて、女性の体の温かさ柔らかさを感じさせ勃起させるという方法です。一般的には「すまた」と呼ばれる行為です。

無理に勃起させるのではなく、自然に勃起力を回復させる方法であり、実行した約6割の方が効果があったと言われています。

またメガリスなどのEDの薬と一緒に行うとより高い効果を得ることができます。性的興奮や刺激を同時に感じることができる方法なので、ぜひ試してみてください。

運動を生活に取り入れよう

走る肥満や糖尿病など生活習慣病が影響して、EDを発症させている方はやはり運動を生活に取り入れることが一番です。

適度な運動はストレスを解消できたり、EDだけではなく体の健康づくりにもつながります。

またパートナーと行うことでいつもとは違ったデートを楽しめたり、汗だくのまま性行為に繋がったりなど、いつもとは違った性的な興奮を感じることもできます。

「運動しなきゃ!」と考え、過度なトレーニングを行ってはいけません。軽いジョギングやウォーキング、スクワットなど生活に取り入れやすい運動を行い継続することが大切です。

またサウナなどで汗を流すこともEDには効果があります。お風呂やサウナはリラックスすることができるので試してみてくださいね。

PAGE TOP