メガリスvs.タダリス|どっちを買うべき?効果や副作用を比較

メガリスもタダリスも、シアリスのジェネリック医薬品でインドで開発されたED治療薬です。

主成分は同じタダラフィルなのですが、買うならどちらを選ぶべきでしょうか。
製造過程や副作用のリスクなど、さまざまな視点から比較していきましょう。

メガリスvs.タダリス:製造会社

メガリスとタダリスは、それぞれインドのムンバイに本拠地を持つ製薬会社で開発されました。
主成分は同じでも、製造会社が異なれば薬の効果も変わってくる可能性があります。

メガリスの製造会社:マクレオッズファーマ

メガリスの製造会社:マクレオッズファーマ 出典:http://www.macleodspharma.com/india.asp

メガリスを製造しているのは、マクレオッズ社と呼ばれるインドの製薬会社です。

マクレオッズ社は1986年に設立され、ED治療薬のメガリスをはじめ、心血管や糖尿病、婦人科など特定の分野の薬を主に開発しています。

マクレオッズ社の公式フェイスブックアカウントによると、2012年時点でインドの製薬会社のうち22位にランクインしており、インドでもっとも急成長を遂げている製薬会社の1つだそうです。

世界30ヶ国以上に拠点を持ち、80ヶ国以上で製品の販売を行っています。
従業員数は全世界で1万人以上もいるといわれており、これは製薬会社としてはかなり大きな規模と言えるでしょう。

マクレオッズファーマの公式サイト:http://www.macleodspharma.com/

タダリスの製造会社:アジャンタファーマ

タダリスの製造会社:アジャンタファーマ 出典:http://www.ajantapharma.com/

アジャンタファーマは1973年に設立されたインドのジェネリック医薬品専門の製薬会社です。
タダリスの他にも心臓や食道、胃腸などの医薬品を開発・販売しています。
従業員は6,000人ほどで、ED治療薬はタダリス以外にもカマグラやスーパーカマグラなど複数を製造しています。

インドの株式市場に上場しており、最新技術を持つ製造工場を複数所有しているほか、25ヶ国以上で医薬品の販売を行っています。

アジャンタファーマの公式サイト:http://www.ajantapharma.com/

メガリスvs.タダリス:製造環境

メガリスとタダリス、それぞれの製造環境を見てみましょう。

メガリス

メガリスを製造しているマクレオッズファーマは、2004~2012年の間にWHOによる品質管理調査を数回受けています。
2012年の調査では、WHOの品質管理基準(GMP)を満たしていると評価されており、製造過程の安全性が保障されています。
出典:who public inspection report – WHO/OMS: Extranet Systems

タダリス

タダリスの製薬会社アジャンタファーマも2013年に同様の調査を受けており、同じくWHOの品質管理基準を満たしています。
出典:M/s Ajanta Pharma Limited – (25 – 28 April 2016) – WHO/OMS: Extranet Systems

よって、メガリスとタダリスの製造環境はいずれも安全で高い基準であると言えます。

メガリスvs.タダリス:錠剤の大きさ・飲みやすさ

メガリスとタダリスは錠剤の大きさが異なり、メガリスがタダリスの半分くらいのサイズです。

メガリスの直径が9mm程度なので、タダリスはその2倍程度の大きさとなると、タダリスは飲みにくいと感じる方は少なくないでしょう。
特に年配の方は加齢によるホルモン変化の影響で薬や食べ物などが喉に突っかかることがあるため、タダリスよりはメガリスの方が飲みやすいと感じると思われます。

ただし、ピルカッターなどで錠剤を分割する際は、大きさのあるタダリスの方が分割しやすいでしょう。

メガリスvs.タダリス:効果

メガリスvs.タダリス:効果

メガリスもタダリスもシアリスのジェネリック医薬品で、主成分が同じタダラフィルであるため、効果に関してほとんど差はありません。
メガリスもタダリスも、効果が出始めるまでの時間は1時間程度、持続時間は24~36時間となっています。

ただし、効果は個人差があるため、同じ成分であってもメガリスの方が効く、タダリスの方が勃起力を実感できたというふうに、若干の違いは出てくるでしょう。

メガリスvs.タダリス:副作用

メガリスもタダリスも、シアリスと同様に下記のような副作用が起こることがあります。

・頭痛
・顔のほてり
・胃の不快感
・めまい等

シアリスがバイアグラとレビトラに比べて副作用のリスクが相当少ないと言われていることから、メガリスとタダリスも同じように副作用を発症する危険性は低いと言えます。

ただし、タダリスの方がより多くの添加物が含まれているため、メガリスと比較すると副作用のリスクは高いとされています。

まとめ

まとめ

メガリスとタダリスを色々な視点で比較してみて、次のことが言えます。

メガリスの方が飲みやすいが、分割しやすいのはタダリス
タダリスはメガリスよりも副作用が出る可能性が高い
・効果はほとんど変わらない

製造会社は異なりますがどちらもインド国内・国外に拠点を構える大企業です。
製造工程に関しても両方WHOから高い評価を得ています。

錠剤の大きさはメガリスの方が小さいのですが、分割して飲みたいという方には錠剤が大きめのタダリスの方がおすすめです。

効果は主成分が同じタダラフィルであることから、効果が出始める時間や持続時間は同じです。
しかし、含まれている成分に若干の違いがあり、添加物をより多く含むタダリスの方が副作用のリスクが高いようです。

以上のことから、総合的に見てメガリスの方がタダリスより優っていると評価できます。

シアリス系のジェネリック医薬品でどの薬を買おうか悩んでいる方は、ぜひ今回の比較を参考にしてください。

PAGE TOP