メガリスは旅行や週末に最適!メガリスを選ぶべきシチュエーション

ED治療薬の中でも飛びぬけて持続時間が長いシアリス。
シアリスと同じ有効成分が含まれているジェネリック医薬品のメガリスも、同じく持続効果が高いと評判です。

ED治療薬を飲むシチュエーションは人それぞれですが、数多くのED治療薬からメガリスを選ぶべきシチュエーションはどんな時なのかをお教えします。

メガリスの効果発揮までの時間と持続時間

メガリスの効果発揮までの時間と持続時間

シアリスは服用してから1~2時間で効き始めますが、空腹の状態で服用した場合は40分程度で効果を発揮します。

同じ有効成分を含むメガリスも、服用してから効果が現れるまでに40分程度かかります。
バイアグラやレビトラ、それらのジェネリック医薬品に比べて効果が出るまでに時間がかかる傾向にあります。

メガリスの主成分はタダラフィルと呼ばれる水に溶けるまでに時間を要する成分です。
そのため、効果がピークを迎えるのに3時間程度を要します。
なお、これは食事をしていてもしていなくてもあまり変わらないようです。

メガリスの持続時間は24~36時間で、バイアグラやレビトラの数倍にも及びます。
この間ずっと勃起が続くというわけではなく、性刺激を受けた時のみペニスの反応や勃起力が上がります。

メガリスが最適なシチュエーションとは?

メガリスが最適なシチュエーションとは?

メガリスは効果が出始めるまでに少し時間を要しますが、1日以上効果が持続するため、次のシチュエーションに最適だと思われます。

旅行

パートナーと旅行に行く場合、いつセックスをするかわからないかもしれません。
また、バイアグラなどの持続時間が短いED治療薬だと数時間置きに飲む必要があるため、パートナーの目を気にするでしょう。

メガリスは1度服用すると24~36時間持続するため、最長1日半はいつセックスすることになっても良い状態になります。
常に勃起しているわけではないので、セックス以外の場面ではペニスの状態が気になるということもないのです。

週末

メガリスは金曜日の夜に飲めば日曜日の朝まで効果が続くことから、「ウィークエンドピル」というニックネームを持ちます。

週末にパートナーと自宅やホテルなどで長時間過ごすという場合にも、旅行と同様にメガリスを飲めば次回服用するタイミングを気にする必要がないのです。

メガリスをおすすめしないシチュエーションは?

メガリスをおすすめしないシチュエーションは?

メガリスはじわじわ効果を発揮して長時間続くのが特徴ですが、この特徴がデメリットとなるシチュエーションもあります。

一夜限りの関係

ナイトクラブなどで出会った女性と一夜限りの関係を持つ場合、メガリスは向いていません。
メガリスの効果がピークに達するまでに3時間ほどかかるため、今すぐセックスしたいという場合に服用しても間に合わない可能性が十分にあります。

この場合は、レビトラのように服用してから数十分程度で効果がピークを迎えるED治療薬がおすすめです。

風俗

風俗は1回の滞在時間が長くても数時間なので、最大36時間続くメガリスよりはバイアグラやレビトラの方が良いでしょう。

男友達と盛り上がって突然風俗に行くことになったという場合も、じわじわ効果が現れるメガリスよりは、即効性のあるED治療薬が最適だと言えます。

パートナーと長時間一緒にいる機会が多いならやっぱりメガリス

パートナーと長時間一緒にいる機会が多いならやっぱりメガリス

毎週末パートナーと長時間共にしている、よく一緒に旅行に行くという方には、コストの面でもやはりメガリスがおすすめです。

シアリスにも同様の効果がありますが、シアリスは10mgが1錠で1,700円、20mgが1錠2,000円ほどかかります。
それに対してジェネリック医薬品であるメガリスは、10mgが1錠あたり260円、20mgでもたったの400円前後です。

定期的に服用するなら、やはりメガリスの方が経済的で無理なく続けやすいのではないでしょうか。

まとめ

メガリスは即効性に関して少々劣っていますが、持続時間はバイアグラやレビトラを大きく上回るため、旅行や連休などでいつセックスするとなっても良いような状態に持っていくことができます。

その一方で、成り行きのセックスや風俗に数時間だけ滞在する場合は、即効性の高いED治療薬の方が失敗しません。

特定のパートナーがいて一緒に過ごす時間が長い方は、メガリスの方がより多くのメリットを感じるでしょう。

PAGE TOP