タダシップ

タダシップはメガリスと同じようにシアリスの後発薬(ジェネリック)です。後発薬の中でも非常に人気が高く、シアリスと同じ特徴を持っています。

シアリスジェネリックのタダシップ

タダシップシアリスの特徴で注目されているものといえば「食後の使用OK」という所です。バイアグラ、レビトラなどシアリスが販売される前のEDに関する薬というのは食事の影響を受けやすく、食前の使用が基本的でした。

しかし、性行為を行う前はパートナーとのデートで食事やアルコールを飲む機会も多く、なかなかEDの薬を飲むことができない、または飲んでもしっかりと効果があらわれないということが多かったそうです。

それを改善してくれたのがシアリスやタダシップといったタダラフィルを含んだ薬というわけです。

タダシップの場合だと、値段も安くシアリスと同じ効果ということから、一躍人気の高い薬になったというわけです。

開発した会社とは

研究者タダシップはインド・ムンバイにある「シプラ社」という会社が開発しました。インドはジェネリック大国とも言われており、シプラ社はその中でもトップ3に入る大手の会社です。

タダシップはもちろん、それ以外にも様々な後発薬を開発しており、世界中に後発薬を輸出しています。
低コストの薬を開発するプロフェッショナルと言っても良いでしょう。

海外から輸入できる薬というのは少し抵抗を感じる方も多いと思いますが、インドのトップ3に入る信頼できる会社が開発しているので、これからタダシップの使用を考えている方も安心して使用できると思います。

タダシップの力とは

満腹上記でもお伝えしましたが、タダシップやタダラフィルを含むEDの薬は食事の後でも十分に効果を与えてくれます。

しかし、食事の後でも大丈夫という考えから満腹感を感じるまで食事を摂取してしまうとタダシップの効果が半減してしまう可能性が高くなります。

目安としては約800キロカロリー以上だと効果が半減する恐れがあります。

そのため、使用する際は腹7分目ほどの軽食で済ませることをおすすめします。また他の薬と同じように空腹時にタダシップを使用すると、より高い効果を得ることができます。

発症に注意しましょう

頭痛タダシップも医薬品のひとつであるために副作用の発症が確認されています。主な副作用は頭痛、顔のほてり、胃のむかつきなどが挙げられています。

この症状はバイアグラ、レビトラといった他の薬にもある副作用です。しかし、タダシップは他の薬よりも副作用の発症率が低めなので、あまり気にする必要はありません。

また空腹時にタダシップを使用する際は水分を多めに摂取しましょう。少量の場合、胃に負担を与える可能性があり、その負担によって副作用を高めてしまう恐れがあるからです。

併用に注意する物

血圧タダシップと一緒に「血圧に関係のある薬」を使用してはいけません。タダシップの成分、タダラフィルには血管を広げる効果があります。

そのため、血圧に関する薬と一緒に飲んでしまうと血圧が低下する可能性があり、命にかかわることもあります。これからタダシップの使用を考えている方は一度使用できるかどうかを医師と相談してから使用を考えてください。

個人輸入でお得に買おう

パソコンシアリスやバイアグラは医師や薬剤師など病院で処方することができます。しかし、EDの薬は保険適応外なので非常に高い値段で販売されています。

それらに対して、タダシップは非常に安い値段で販売されており、手に入れる場合は個人輸入というサービスを利用することで買うことができます。

このサービスはインターネットのサービスであり、一般的な通販と同じように簡単にタダシップやEDの薬を手に入れることができます。

しかし、海外からの輸入なので商品が届く時間が1週間から2週間ほどかかるため、早めにEDの治療を始めたいという方は病院等で処方されると良いでしょう。

PAGE TOP