シアリスのジェネリック医薬品とは

シアリスには数多くのジェネリックが存在します。主成分であるタダラフィルはEDの治療に役立つだけではなく、満足できる性行為をサポートしてくれます。

「メガリス」「タダシップ」などの薬があり、どれも安い値段で買うことができます。しかし、なぜ安いのかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

こちらではメガリス、タダシップといったジェネリックに関する情報を公開しています。どの薬を選べばいいのか悩んでいるという方は、ぜひ参考にされてみてください。

自分に合う薬を選ぶことで、しっかりと治療に専念することができ、また効果を感じることで「勃起できる」という気持ちが強くなり、心にゆとりを持つことができます。

一般的なタイプとどこが違うのか

ジェネリックについて説明する女性病院で薬を処方されるときに「ジェネリックにしますか?」といわれることが多いと思います。

存在事態はテレビやラジオなどのコマーシャル等で紹介されていますが、具体的に一般的なタイプとどこが違うのかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

これについて説明するには、特許という考え方が必要になってきます。この特許はジェネリックの元となった薬に設けられるものです。

つまりメガリスでいうと「シアリス」が特許を持つ薬ということになり、これらの薬は「先発薬」という名称があります。

またこの特許というのは分かりやすく説明すると「元を取る」ということです。先発薬の有効成分を開発するには大きなコストを消費してしまいます。

特許

せっかく大きなコストを消費し、やっとの思いで開発した有効成分が早い段階で別の製薬会社にジェネリックを開発されてしまうと、大きな損失となってしまいます。

 

そのため、先発薬には「先発薬を開発した会社以外がその成分を使うことは禁止」という特許が設けられるということです。

特許期間は約20年から25年とされており、その期間が過ぎるとジェネリックを開発することができます。また先発薬に対し、ジェネリックは「後発薬」という名称があります。

後発薬は先発薬の有効成分とデータを元に作られます。そのため、コストをあまり消費せずに先発薬と同じ薬を大量に作ることができます。

値段も安いことから、経済的な負担を考えるとおすすめされる事が多くなり、薬の知名度が高まったと言われています。

インドと後発薬について

インドしかし、この特許に関係なく後発薬を開発できる国があります。

それは「インド」です。インドはジェネリック大国と呼ばれることも多く、数多くの後発薬を開発しています。先発薬の特許には「物質」と「製法」の2種類の特許があります。

一般的には2つの特許をクリアしなければ後発薬を開発することができませんが、インドでは「製法」のみを認めています。

物質というのは成分に対する特許であり、製法は薬の製法に関する過程の特許になります。

製法しか認めていないインドでは「先発薬とは違った開発方法で薬を作ることができる」となり、成分は先発薬と同じだけど、あくまで違う薬という理由で早い段階で後発薬を作ることができます。

これらの理由から、インドでは数多くの後発薬が作られるようになったということです。

人気の高い後発薬

シアリスには色々な後発薬があります。その中でも人気が高い薬が「メガリス」です。メガリスはシアリスと同じ特徴があるだけではなく、値段が安く、初めて薬を使用する方にも購入しやすいです。これから治療を考えている方におすすめしたい薬の一つです。個人輸入というサービスで気軽に買うことが可能です。

タダシップ

タダシップ次に人気の高い薬が「タダシップ」です。

こちらもシアリスの特徴を持ち、値段は若干メガリスよりは高めです。

製造している会社はインドで有名な会社「シプラ社」です。高い信頼性があるため、メガリスと同じように人気の高い薬です。36時間と効果が長いのでウィークエンドピルと呼ばれることもあります。

>>タダシップについて詳しく

シアリスODフィルム

シアリスODフィルムこちらの薬は水なしで飲むことができる非常に便利なシアリスの後発薬です。

携帯に便利なので、突然の性行為の機会にも対応できます。水なしで飲めるので満足できる性行為をお求めの男性におすすめの薬です。

パートナーとの性行為が多いという男性はこちらを選んでも良いでしょう。

>>シアリスODフィルムについて詳しく

タダライズ

タダライズタダライズは他の後発薬よりも安く値段で購入できる薬です。

「サンライズレメディ社」が販売しており、信頼できるという理由から人気の高い後発薬となっています。

>>タダライズについて詳しく

これらの薬はすべて個人輸入というサービスでで買うことができます。メガリス、タダシップなど、シアリスのジェネリックは残念ながら病院で受け取ることはできません。

病院ではこれらの先発薬「シアリス」を買うことができます。病院で受け取ることができるので、安全に薬を購入することができますが、

EDはペニスの問題であり、なかなか病院で受け取る勇気がでないという男性が多いと言われています。

パソコンでメガリスを購入そこで便利なのが「個人輸入」というネット通販サービスです。人目を気にすることなく、薬を購入することが可能です。

個人輸入ではメガリスだけではなく、様々な薬や輸入品を受け取ることができます。

また処方せんの手間もなく、自分自身で買うことができるので人目を気にすることなく薬を選ぶことができます。

利用する場合は信頼できる運営会社なのかどうかをチェックして利用することをおすすめします。

このサービスは海外から商品を輸入してもらうため、輸入時のトラブルなどが発生する場合もあります。

運営会社はそれらのトラブルに対応してくれるかどうかをチェックして利用してください。上手く利用できると、より効率よく症状を治すことができます。

まとめ

ジェネリックを薦める男性経済的な負担を考えると、やはりジェネリックを選ぶことが一番です。EDの治療は長期間かかることもあり、必然的に大量の薬を飲む必要があります。

シアリスは1錠2000円ほどであり、それを長期間購入するとなると非常に高額な負担額となってしまいます。

それを解消してくれるのがジェネリックであり、個人輸入のサービスを使うことで負担額を抑えることができます。

個人輸入代行は通常のネット通販と同じように気軽にEDの薬を買うことができるので、おすすめです。

満足できる性行為をしたい場合は一度これらの薬を試してみても良いと思います。妊活などご夫婦にもおすすめです。

PAGE TOP