EDとは?

こちらではEDに関する情報を公開しています。現在EDであるという方、ペニスがしっかりと勃起しないと感じている方は、ぜひチェックしてみてください。発症に気づくためには、まずは情報を集めることが大切です。

EDは誰もがなりうる病気

EDのせいで泣き叫ぶ男性EDとは男性特有の症状であり、発症に気づいた時点で早めに治療を行うことが大切です。

どなたでも発症する可能性があり、現在勃起ができるからといって安心してはいけません。そんなEDには様々なタイプや原因があることをご存知でしょうか。

どんなものなのか

男性EDは「勃起能力の低下」を指し、英語では「Erectile Dysfunction」の頭文字をとったものであり、日本語では「勃起不全」「勃起障害」と言われています。

発症すると「完全にペニスが勃起しない」とイメージすると思いますが、実はそれだけではありません。

勃起するのに時間がかかる、しっかりと勃起しても行為中に萎えてしまう、パートナーと楽しい性行為ができないなども症状の疑いがあるといわれています。

また医学的では「性行為時に勃起が維持できない」「楽しい性行為が行い状態」と定義されています。

現在、上記のような状態であったり、パートナーと楽しい性行為ができないと感じている方は、もしかすると症状を発症しているかもしれません。

思い当たることを考えてみましょう

考える人この症状は発症事態に気づくことが少なく、自覚した時には重度な症状になっていたということが多いとといわれています。

最近、パートナーと楽しい性行為ができていないという方は、性行為時に自分の感情やペニスがどのような状態なのかなど、思い当たることを考えてみると発症に気づけるかもしれません。

例えば「性欲があるのに性的興奮を感じてもペニスが動かない」「以前は勃起したのに現在は勃起がしない持続しない」「勃起したペニスが硬くない」「挿入できても途中で萎える」など思い当たる症状があるか無いかを調べてみましょう。

EDの症状は人それぞれなので、現在症状の疑いを感じている方はじっくりと思い当たることを探ってみてください。

勃起の違いについて

EDの人そもそも勃起がどのようにして起こるのかご存知でしょうか。勃起は性的な興奮や刺激を受けることで起こります。
性的な興奮や刺激を感じると脳が勃起に関する信号をペニス内へと送ります。信号がペニス内に伝わると海綿体という動脈が多く拡張します。

拡張した動脈には大量の血液が入り、その影響でペニスが大きくなります。これが勃起のしくみです。

EDの場合はこの海綿体の動脈が上手く拡張しないため、勃起に必要な量の血液が流れ込まず、十分な勃起が起こらない、維持できないというものです。

糖尿病、高血圧といった生活習慣病、動脈硬化などの障害が起こると症状を発症させる確率が高くなります。

日ごろから生活習慣病が気になっている男性で、最近ペニスに違和感を感じている方は注意が必要です。

馴染みのない症状だけど

男性周りを見るとEDで悩んでいる男性はいないと感じると思います。しかし、発症率は成人男性の4人に1人と意外に多く、実際に症状で悩んでいる方は沢山存在します。

またこの症状はもともと50代60代と比較的高齢者に多い症状だったのですが、最近では20代と30代などの若者の発症率が高くなっており、年齢に関係なくどなたでも発症するといわれています。

病院では発症させた本人よりもパートナーによる相談が多いと言われています。性行為を行うパートナーはペニス事情を知っている人物です。

現在楽しい性行為ができていない方の中でパートナーにペニスや勃起に関する気遣いが多くなった方はいませんか?もしかするとパートナーは貴方の症状に気づいているかもしれません。

思い切ってコミュニケーションを取ることが発症に気づくチャンスかもしれませんよ。

若者がEDに悩むわけ

ストレスいっぱいの男性年齢を重ねると体のペニスの機能が低下しEDの発症率は必然的に高くなります。しかし、近年では20代30代と若い男性が症状に悩んでいることが分かっています。

なぜ、若者の発症率が高くなったかというと、それは日常生活にあると言われています。

仕事のストレスをためていたり、ファーストフードやコンビニ弁当といった栄養の偏った食事、運動不足やアルコールの飲み過ぎ、喫煙など若者にありがちな日常生活が症状の原因と言われています。

またこの症状は糖尿病、高血圧などの生活習慣病により発症する場合もあるので注意が必要です。

タイプについて

男性この症状には様々なタイプがあります。ひとつは年齢と共にペニスの機能低下で発症する「器質性ED」です。

高齢者に多く50代から60代の方は注意が必要です。それ以外にも「心因性ED」があります。こちらは20代30代と若い方に多く、近年危険視されている症状のひとつです。

それ以外にも「バーチャルED」「混合型のED」など、症状には様々なタイプがあり、自分はどのタイプなのかを知ることが大切です。

またどのタイプだとしても、自分がEDだったという事実を知ると自信喪失に繋がってしまいます。しかし、あきらめるのではなく、しっかりと症状に向き合うことが大切です。

疑いを感じているなら

疑い疑いを感じている方はまずEDがどのようなものか情報を集めましょう。こちらでも様々な情報をお伝えしていますが、色々な情報を集めることが大切です。

症状がどのようなものか、改善や治療方法などを事前に知ることが早期改善の近道です。

また病院での診察や相談をされる事も大切です。最近ではEDに関する診察を行う病院も増えてきているので相談しやすいと思います。

しかし、ペニスの問題というのはなかなか他人に知られたくないものです。「自分だけでなんとかできたら」とお考えでしたら、EDに関する薬を個人輸入代行で手に入れても良いかもしれません。

個人輸入代行では様々な薬を販売しており、値段も安いので手に入りやすいと思います。自分に合う薬を見つけ、楽しい性行為の為に早めに治療を開始しましょう。

まとめ

男性EDはどの男性でも発症する症状です。今が大丈夫と考えても、あなたの知らないところで症状は悪化しているかもしれません。

楽しい性行為ができていない、勃起がおかしいとペニスに違和感を感じている方は早めに疑いを感じ対策を取ることが大切です。またEDの薬は飲むだけで勃起を維持してくれて、楽しい性行為ができるのでおすすめです。

PAGE TOP